FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

個人的オナホールの選び方 [種類編1]

kage

2014/08/07 (Thu)

多種多様なオナホール達

初めてのオナホール、何を選べばいいのか分かりますか?
自分も最初は迷い、そして期待に胸を膨らませながら探しました。
オナホは使うだけでなく、選ぶ段階から楽しい

好きなモノを選びたいが、そもそも種類が分からないという方の為に色々纏めます。


動機は色々

評判や有名所を選ぶのも良いですが、流行りものというのもあります。
特別具合が良くなくても、話題性や口コミで人気のように感じてしまいます。
なので、可能であればあまり信用しない方が良いでしょう。


TENGAってどうなの?

最初にオナホールと聞けば何を連想するか、多くの方は「TENGA」と言います。
アレは芸能人がカミングアウトしたり、デザインやファッション性の関係で色々と受け入れられています。
ただ、実際オナホユーザーからの評判は良くないことが多いです。
過去にレビューしていますが、人を選ぶかもしれませんね。

US・TENGA・ディープスロートカップ


オナホの大まかな分類

ココからは分類分けされたオナホの紹介をします。


ハンドホール

手で持って扱う事を前提にしたオナホの総称です。
以下はその分類となります。


オナカップ


硬いカップに覆われているのでキツい物が多い。
繰り返し利用が出来ないのでコスパは良くないが、使い捨て故に手間がかからない
出張や、隠れて使う場合に足が付きにくいのは利点
代表的なのは「TENGA」など。



簡易ホール

当ブログでは200g以下を指します。
1000円以下の物が多く、中には値段以上の使用感の物がチラホラある。
エントリークラスだが小型のメリットとして隠蔽が容易であり、値段も安く処分も容易、豊富な種類である事から色々試したい人に人気。
小型のデメリットとして耐久性の問題と、肉薄故の単調な構造が使用感の限界を定めてしまっています。
代表的なのは「ボクのおなぺっと」など。





小型ホール

大体200g~300g未満のホールです。
耐久性に不安は残りますが肉厚と構造に余裕があるので融通が利き、数が豊富
最たるものとして、パロディホールやネタホールなどが多いです。
簡易よりは良い物が多いですが、ハズレも多い魔境とも言えます。
とは言え、話題性のある名作もあるので掘り出し物も多い
まだ隠蔽しやすい部類で、価格も控えめなのでセカンドホールにオススメしたい。
代表的なのは、「東京名器」「すじまんくぱぁ ろあ」など。





中型ホール

最も種類が豊富で、価格の幅が大きいクラスです。
主に300~500gとしています。
このクラスになると肉厚で耐久性の問題も少なく、小型では不可能な構造を実現できる。
各メーカーが最も力を入れているのでハズレも少なく、可能ならこのクラスを狙いたい。
特徴がハッキリし始めるので、自分の好みを把握することでお気に入りが見つかるかもしれません。
代表的なのは「ないしょのついんてーるず」「R-20」など。





大型ホール

主に500~1000gとしています。
高級ホールに分類され、値段が上がります。
その分中型クラスで実現不可能な複雑な構造、柔軟な素材と肉厚なボディを持つ。
柔らかい素材や、マッタリ系が力を発揮できるのでリアル系ホールを求める場合最低でもこのクラス以上を目指すことになる。
フラグシップが多いので数は少ないが失敗すると精神的にも懐的にもダメージが大きい
このクラスを買う場合、特徴がさらにハッキリするので好みを把握し、シッカリ吟味してから選びましょう。
代表的なのは、「名器の品格」「箱詰め娘」など。





据え置き型ホール


大型化し、手で持っての仕様ではなく据え置きでの仕様を前提にしたホールの総称です。
以下はその分類です。

据え置き・小型

1k~2kg未満としています。
ギリギリ片手で使用できないこともないですが、主に両手か腰振りになります。
二穴が多く、一つで二個分楽しめますが使用感はハンドホールに劣ることが多いです。
二穴化によって肉厚が不足することも多く、型崩れ防止で硬い素材も多いので主に雰囲気を楽しむことになります。
据え置きとしては中途半端になりやすく、据え置きの利点を理解し難い分類です。
代表的なのは「ぷにあな」など






据え置き・中型

2k~4kgとしています。
据え置きらしさがある程度見えてくるクラスであり、比較的値段的に手を出しやすい部類です。
このクラスになると完全に隠すことは諦めましょう
物にも寄りますが、二穴でも肉厚が機能し始めるので使用感は非常に良くなります。
バリエーションも多く、最も普及しているクラスでしょう。
人気商品など話題性もあり、据え置きの雰囲気と使用感をある両立できます。
代表的なのは「ぷにあなDX」「すじまん くぱぁ ココロ」など




据え置き・大型


4kg以上としています。
このクラスが本当の据え置きホールです。
殆ど実寸のサイズになり、二穴による肉厚の不足はありません
柔らかい素材でも締め付けを感じられるようになり、リアル系で最終的に行き着く先になります。
その分手間もコストも掛かるのでよく検討して決めましょう。
その苦労に見合う使用感と満足度、リアリティを感じられると思います。

極上生腰
極上生腰



関連記事
スポンサーサイト
[PR]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...