FC2ブログ
2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

EVOLOTION エヴォローション (Extreme・Hard ・Light)

kage

2013/04/29 (Mon)


EVOLOTION Extreme 360ml
EVOLOTION Light 360ml
EVOLOTION Hard 360ml

フィーリングユーザビリティ
ExHLExHLExHL
感度の良さABS糸引きのキレの良さBCAコストパフォーマンスCBC
粘度(硬度)の高さBAD扱いやすさACA垂れにくさBAC
潤滑性BDA洗いやすさACB乾きにくさBDA

製造メーカーm's & PEPE(ぺぺ)
容量・仕様360ml
成分ExtremeHardLight

ポリアクリル酸Na
カルボマー
メチルパラベン

ポリアクリル酸Na
メチルパラベン

ポリアクリル酸Na
メチルパラベン
タイプ半液体・半ジェル状若干スライム状液体
実売価格1000円くらい
販売店
大人のデパート エムズ





エムズとぺぺの共同開発したローションです。
化粧品と同じ成分で作られているらしいです。

Extremeは洗い不要ローション(以降Ex)
Hardは高粘度(以降H)
Lightはサラサラタイプ(以降L)
と言う感じに分かれています。



Exは中々完成度が高いと思います。
一般的な洗い不要は殆どジェルだったりで水っぽくなりがちであり、皮膜が薄くなる部分があるのでホールの感触が伝わりやすくて刺激が強かったり無機質感を感じやすいです。
その点これは標準的なとろみがあり、ストロークした感じは普通のローションと遜色ない。
皮膜も均一で丁度良いのかホールの感触も伝わりにくいし感度も良い。
変に玉になったり糸引きも酷くないのでボトルからの注入も実用範囲。
使用後のベタ付きも少ないし、保証は出来ないですが抗菌成分が入っているのですぐに洗わなくても大丈夫かもです。



Hは標準のぺぺと同じかそれ以上の高粘度です。
糸引きはぺぺと殆ど変わらないですね。
原液のままだとぺぺのように非常にゴテっとしていてスライムに近いです。
意外にそれなりに感度が良いですが、摩擦抵抗が高いのかストロークが重くなりやすく、すぐに乾きます。
洗う際に乾いた成分が水気を取り戻して再度ローション化するから洗い難くもあります。
オナホ用と考えると非常に使い難いです。
ですが、逆に考えると多少の水気では落ちにくいので風呂場での使用が可能です。
それに水を加えるとシッカリ復活するので多少水で割って使うのが丁度いいかもしれません。
その場合好みで粘度を変えられます。
水で割っても皮膜の安定感があるので殆どLと変わらない使い勝手になります。
ある意味この中で一番コスパが良いでしょう。



Lは非常にサラサラしており、殆ど液体に近いです。
近いローションとして、シルキーリューブがありますがそれよりもサラサラです。
糸引きも非常に少なくてそのままでも使いやすいです。
殆ど水っぽいのに皮膜もシッカリしているので刺激が偏ることもないのも特徴でしょう。
この部分が一番驚きました。
乾きにくいので感度はExよりもマイルドに感じました。
ストロークも快適で、乾きにくい、洗いやすさも悪く無いです。
この中では一番ホールに適したローションかもしれません。
特に手を加えなくても良い分汎用性は高いと思います。



全体的に質の良いローションだと思いますが、少々値段が張るのが欠点です。
普通のぺぺが半値で買えることを考えると高く思えるでしょう。
一応防腐効果のあるメチルパラベンが含まれている事もあるのでこちらの方が衛生面などは上だと思います。

ハードは自由が利きますが扱いが難しい部分でもあり、この中でオススメするのはやはりライトでしょう。
ボトルのままでも使いやすく、特に調整しないで良いのが嬉しいですね。
エクストリームは洗い不要系としては調整がよく、普通のローションと遜色なく使えるのは利点です。
カルボマーが含まれるので抗菌作用があり、使用後の余裕が出来るのも良い事です。
とは言え、洗い不要であっても早めに洗浄するのがベストなのは変わらないです。

成分に化粧品と同じ成分が使われているだけあって肌には優しいかもしれません。
他の製品は意外にキツイ防腐剤やアレルギー物質が使われることもあるので、その点の安心感はあると思います。
値段分の価値があるかは人によって分かれそうですね。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント

kage

ああ、やっぱりコスパで考えるとこうなるんですね。

ローション同士を混ぜるということはやってましたけど、水で薄めるというのは試したことがなかったので、その場で使う限りにおいては有用そうだなーと。
粘度高めのはウチにも結構あるので、転がしておくよりもそうした調整で試してみようかと思います。

シルキーよりサラサラで皮膜の生成がいいというのは便利そうですけど、そうなるとあまり固すぎる素材とか長時間の使用とかはきつそうだなとも思えますね。

調整しながら使うにはEXが一番良さそうなので、何かホールを買うついでに注文してみようかと思います。

Posted at 00:21:19 2013/04/30 by Neko

この記事へのコメント

kage

Re: タイトルなし

自分も色々なローションを混ぜて匂い付けたり防腐剤代わりにしたりしてましたね。
水を足すとどうしても菌が繁殖しやすいので早めに使わないとってのはあります。
自分はローションと水を混ぜたら一度鍋で沸騰させて殺菌したりします。
ローションを入れるようにトンガリボトルの容器もありますよ。
粘度高いのは主に水入れすぎた時の修正に使ってました。

硬い素材はある意味凶器ですからね・・・。
ちょっとコリコリ過ぎる時はLよりEXの方が丁度いい感じでした。
だけど、EXも濃い部類じゃないので殆ど調整はいらない気がしますね。


Posted at 19:42:04 2013/04/30 by きたばな

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...