FC2ブログ
2019 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 09

カテゴリ:オナホールの選び方 の記事リスト(エントリー順)

個人的オナホールの選び方 [構造と相性]

kage

2014/08/10 (Sun)

構造の複雑化

以前は比較的簡単な分類が可能でしたが、今のオナホは数年前と違い技術の進歩が目覚ましく、非常に複雑化しています。
複雑じゃない構造のほうが珍しい位なので類分けに意味がない状態ですが大まかな分類と、選ぶ際のフィッティングの参考になる知識を書いていこうと思います。


貫通型と非貫通型

簡単に書いてしまえば、穴が貫通しているか否かです。

「非貫通型」

逆から液が漏れない
バキュームなどが発生する。
洗いにくい


「貫通型」

メンテが容易
技術的に容易なので不良品が少ない
液漏れし放題

現状では非貫通の方が流行っていて、バキューム効果による密着感など快感に関してメリットが大きい。
貫通型は殆ど無くなりましたが、据え置きクラスのメンテの為に貫通にしていることが多いです。


ツブ加工・ヒダ加工イボ加工

内部の加工は大きく分けると三種類になることが多いです。
刺激の傾向は素材の硬度によっても変わるので一概に言えませんが大まかに書きます。

ツブ加工・・・ザラザラ系、

ヒダ加工・・・ゾリゾリ系

イボ加工・・・コリコリ系


基本的には好みなのですが、ヒダ系が好まれる傾向がありますね。
試してみないと分からないと思ってください。

個人的には、「固いもの=ヒダ」「柔らかいもの=ツブ」と言う好みになっています。


肉厚・肉薄・硬い・柔らかい

基本的には厚みがある方がいいが、例外はある。
硬い素材で肉厚なボディだと非常に圧迫感が強く、バランスが悪い。
逆に柔らかい素材で肉薄だと全く感覚がなくなる。
バランスが重要

肉厚は複雑な構造ほど必要で、足りない場合「軸ズレ」「横突き」「透ける」「壊れやすい」など。
最近は無理やりな仕様は減っているが、明らかにヤバイ物はこれに抵触する。

硬い素材ならば肉薄でも十分な反発力を持ち、壊れにくくなる。
オナホは基本的にバランスの良い物の方が使い勝手が良いし、具合いが良いことが多いのだ。


大まかな構造分類


「ストレート」

基本にして定番で、最も不良品の出にくい構造。
人工的な性感になりやすいのでリアリティは無いが、素直で分かりやすい
厚みが均等になりやすいので素材量の少ないホールとの相性が良い。

ボクのおなぺっと
ボクのおなぺっと
AURA(アウラ)
AURA(アウラ)


「ワインディング」

波打った内部構造で、ある程度肉厚が必要な構造。
凹凸が出来る事により、掻き分け感と締め付けが感じやすく、全体的に刺激は強めになる印象。
素材の柔軟性によってリアル系に近くなる。

初々しい妹(ういういしいいもうと)
初々しい妹(ういういしいいもうと)


「スパイラル」

内部がネジの如く捻れ、ストレートとワインディングの中間の様な特徴。
素直な性感と掻き分け感を感じやすい。
比較的柔らかい素材と相性がいい。


Lilith Spiral-wave(リリス・スパイラルウェーブ)
Lilith Spiral-wave(リリス・スパイラルウェーブ)


「リアル系」

現在主流の構造であり、生物的な内部加工。
基本的に形は決まっていないが、色んな構造を組み合わせたり、実物を参考にしたものなど多岐にわたる。
リアルな挿入感や、多様な性感だったりバリエーションに富んでいる
ただ、複雑故にホール厚のバランスが崩れやすく、一定以上の厚みがないと失敗することが多い。

Venus Real(ヴィーナス・リアル)
Venus Real(ヴィーナス・リアル)
Venus Clone(ヴィーナス・クローン)
Venus Clone(ヴィーナス・クローン)
名器の品格
名器の品格



オナホのフィッティング

オナホールは日本人の平均サイズである13cmに合わせて作られています。
基本的に伸縮性があるので±1cmなら基本的に考える必要はない。
コレを超えてくると仕様と異なる使用感になり、不満が出やすい。
最大でも±2cmだと考え、極端に自分と合致しない場合失敗する可能性が高いので避けるべき。
自分の身の丈に合うものの方が結果的に高価なものより良いことが多いのだ。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

最初のオナホの選び方

kage

2014/08/09 (Sat)

現状

オナホール業界も一年毎に少しずつ変化し、力をつけた新しいメーカーが増えて競争率が高いです。
特に、既にある技術の物は精度が驚くほど良くなりハズレ品が減ってきています。
逆に、新しいものを作るために各社鎬を削っているので、そういった変わり種の成否による失敗はありますね。
なので、妙に変わったものを選ばない限りは失敗しにくいかもしれないですね。



最初のホール 選び方は色々

色々なホールを使ってきた自分としては、最初は何でもいい気がしています。
レビュアーが身も蓋もない事を言っていますが、そもそも初めてというだけで気持ちが良いのです。
故に欲しいと思った物を買えば良いし懐事情で選んでも良いが、人によって好みが分かれるので必ずしも自分に合うホールかは分からない
好みや傾向を知らない時に、最初に買ったものだけで判断するのは非常に勿体無いです。
最低でも2種類以上試してから判断した方がいいと思います。

ただ、最初は手入れが楽なモノの方が良いと思います。
大型化するほどメンテも隠匿も苦労するので、悪い印象を持ちやすい。


定番ホールと性癖を知る

一個目で成功した人も失敗した人も、これから買うのに迷っている人も一度は試した方がいいのが定番ホールです。
「ボクのおなぺっとは定番とされ、ストライクゾーンも広いおすすめ品と言われています。
最初は「欲しいホール+ボクおな」で良いと思います。
それでも自分の求めるものが分からない、買いたいのが分からない場合、個人的にオススメする比較的手頃な傾向の違う3種類の商品を紹介します。
ホールの良し悪しではなく、自分の好みを知ることで今後のオナホール選びの参考にするのです。


ボクのおなぺっと
ボクのおなぺっと
絶対やわやわ宣言! ふわりん
絶対やわやわ宣言! ふわりん

半熟サキュバス ピンク



ボクのおなぺっと

通称「ボクおな」。
定番中の定番であり、迷ったらコレ。
質問しても大体コレを薦められるくらいに実績のあるホールで、安いので買いやすいのも特徴です。
低価格ホールは基本的に満足度が低くなりがちですが、好みの外れにくいヒダ系で、分かりやすい性感、手入れが容易、安い割に最低限の耐久性。
扱いを失敗し易い入門者に最適な一本です。
初めて買ったホールの一つでもあります。

絶対やわやわ宣言! ふわりん

所謂マッタリ系と言われる低刺激ホールです。
大きいローションが付きますが、濃い目なので水で薄めるなどして使うといいでしょう。
個人的に非常に気に入っているホールの一つであり、リアル系に近いホールです。
リアル系は柔らかい素材を使うなどで壊れやすい欠点がありますが、比較的頑丈なのも評価に入っています。
低刺激系は一度良さが分かると止められないのですが、分かり難い刺激の関係で好みが分かれやすいです。
ただ、エアダッチなどの固定具で使用すると肉厚が補われ、劇的に具合いが良くなる特徴もあり今後利用する場合腐りにくいホールです。
その場合、肉厚なリアル系ホールが欲しくなるかもしれません。

半熟サキュバス ピンク

ソフト系と書いていますが、実際には結構イケイケな刺激系ホールです。
素材的には硬くはないですが肉厚なボディと狭い内部によりキツめであり、粒とヒダの乱れた内部は強めの性感を与えてきます。
コレも比較的頑丈であり、値段の割に破格なホール。
ボクおな以上の刺激が欲しい場合最適な一本。
コレ以上の刺激ホールは非常に人を選ぶので試金石になると思います。
最初は刺激を求める傾向に走ると思うので、気に入る人は多いかもしれません。


一緒に買うと良い物

基本的に、ローションは必須です。
オナホに付属していますが、殆どは一回分が多いです。
基本的に変わったもの以外はハズレが少ないので好きなモノを選べば良いと思います。
コレも良し悪しありますが最初は「ぺぺローション」から入り、粘度を水で調整するなどで好みを探すと良いでしょう。
オナホメーカー製、ショップブランドオナホ用ローションを出しているのでそれらもオススメです。

他にも、ホットパワーズの「オナホールメンテナンスキット」もオススメです。
拭き取り棒と保存用袋が付き、さらに保存用パウダーも付いてきます。
これだけで水気の処理が楽なのでカビや異臭対策になります。

SILKY LUBE(シルキーリューブ)
SILKY LUBE(シルキーリューブ)

EVOLOTION Extreme 360ml
EVOLOTION Light 360ml
ペペローション 360ml
ペペローション 360ml

オナホールメンテナンスキット


総括

最終的に選ぶのは自分なので基本的に好きなモノを選べば良いと思います。
買う楽しみは何よりも刺激になり、生活に潤いを与えてくれると思います。
興味本位で買う場合は無難に「ボクおな」をオススメします。
「オナホを使っていきたい」「気持ち良いのがほしい」と言う場合、最初は自分の好みを探すことが大事です。
色々なホールを使う楽しみがあると思うので3個ほど特徴の違うものを買ってみると良いかもしれません。
もう少し詳しく知りたい場合、リンクを参照下さい。

個人的オナホールの選び方 [種類編1]

個人的オナホールの選び方 [構造と相性]

個人的オナホールの選び方 [種類編1]

kage

2014/08/07 (Thu)

多種多様なオナホール達

初めてのオナホール、何を選べばいいのか分かりますか?
自分も最初は迷い、そして期待に胸を膨らませながら探しました。
オナホは使うだけでなく、選ぶ段階から楽しい

好きなモノを選びたいが、そもそも種類が分からないという方の為に色々纏めます。


動機は色々

評判や有名所を選ぶのも良いですが、流行りものというのもあります。
特別具合が良くなくても、話題性や口コミで人気のように感じてしまいます。
なので、可能であればあまり信用しない方が良いでしょう。


TENGAってどうなの?

最初にオナホールと聞けば何を連想するか、多くの方は「TENGA」と言います。
アレは芸能人がカミングアウトしたり、デザインやファッション性の関係で色々と受け入れられています。
ただ、実際オナホユーザーからの評判は良くないことが多いです。
過去にレビューしていますが、人を選ぶかもしれませんね。

US・TENGA・ディープスロートカップ


オナホの大まかな分類

ココからは分類分けされたオナホの紹介をします。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...